便利なベビー用品を購入すれば育児の負担が軽減する

高さやクッション性を確認

ベビー

楽な体勢のものを選択

出産準備の際に揃えたいもののひとつに、授乳クッションがあります。授乳クッションは、授乳の際に膝の上に乗せ、その上に赤ちゃん乗せて使用するものです。首の座っていない新生児期の赤ちゃんに頻回授乳するには、腕や手首で赤ちゃんをしっかり支えなければなりません。そのため、腱鞘炎や筋肉痛、辛い肩こりになってしまう事もあります。しかし授乳クッションを使用すれば、赤ちゃんを腕で支えなくても良いため、お母さんの負担がぐっと軽減されます。普通のクッションで代用できないのかとも思えますが、長時間赤ちゃんをしっかり密着させるには、U字型でお母さんの体にしっかりフィットするものが理想的です。この型であれば、枕の様にして小さな赤ちゃんを囲み、寝返り防止グッズとしても使用できます。また、意外と長い時間使用するものなので、クッションがしっかりしていて中綿がへたらないものが良いでしょう。綿が凹んでしまうとせっかくの授乳クッションもほとんど意味がなくなってしまいます。また、赤ちゃんの頭側が高くなっているものや空気を入れて高さを変えられるものなどもあるので、自分の体にぴったりと合い、楽な姿勢を保てるものが最適です。妊娠時には抱き枕として使用でき、端をスナップなどで留めてドーナツ状にして授乳クッションとしても使えるものもありますあります。しかし、授乳クッションとして使用する時にいちいち留めなければならないのが難点といえます。授乳期間以外も抱き枕として使用出来たりと応用は効くので、お好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。その他、赤ちゃんに直接触れるものなので、綿100%やオーガニックのものなど素材にも注意が必要です。また、カバーを取り外して洗濯が出来ると汚れた時にも清潔を保てます。