便利なベビー用品を購入すれば育児の負担が軽減する

赤ちゃんや幼児専用の椅子

乳児

基本的な機能

ベビーチェアは、赤ちゃんや幼児専用の椅子として多くの人から使われています。ベビーチェアには大きく分けて2種類があり、ダイニングテーブルに対応した足の長いタイプとローテーブルに適した足の短いタイプです。日本の住宅にあるテーブルはだいたいこの2パターンにわかれるため、ベビーチェアもそれに合わせた作りとなっています。テーブルに合わせられるベビーチェアは、親と一緒にご飯が食べられるメリットがあります。赤ちゃんのお世話をしながら家族一緒に食事が楽しめるので、まずはテーブルの高さに合ったベビーチェアを選ぶのが基本となります。次に、ベビーチェアにミニサイズのテーブルが取り付けられたものもあります。これは、食事をするテーブルがなくてもそのままご飯を与えることができます。テーブルが狭かったり、簡単な離乳食をあげる場合にはちょうどいい機能になります。テーブルは取り外しもでき、そのまま台所で洗えたり、テーブルを外したままベビーチェアを使うこともできます。そして、幼児が使う場合は体の成長に合わせて高さの調整ができるタイプもあります。体が小さい場合は椅子の高さを上げることで調整できますが、体が大きくなれば逆に低くしていけばちょうどいい姿勢で食事ができます。ダイニングテーブルの場合は体の大きさに合わせた高さでなければ食事もしにくくなってしまうため、ベビーチェアで調節してあげるのがおすすめです。ベビーチェアは機能だけでなく、デザイン性も幅広いのが特徴です。機能やデザインを重視して選んでいけば、満足できるベビーチェアが手に入ります。